マインドフルコーチ 砂子田聡
リンクブリッジ 砂子田 聡

プロフィール

「なぜ、あの上司・部下はこんな考え方をするのか、あんな行動をとるのか」

「クレーム、上司・部下の言葉に過剰反応し、家でも同じことばかり考えてしまう」

「イラッとしたり、怒ると、感情の切り替えがなかなかできない」

「部下に指示、アドバイスはできても部下の自主的な行動の促し方がわからない」

「メンタルで休む部下が増えていく、離職する・・どうしたらいいか・・・」

 

地方公務員として過ごした32年間 年を経るごとに頭の中に増えていく疑問、つぶやきです。

 

かつて、適切なゴール設定とそのためのプロセスを明確にし、個々の自主性を引き出すマネージメントで質の高い成果を上げ、異動したくないトップであった部署の評価をやりがいがある職場に一新、天職と思い込んでいた時がありました。部署異動により、一転、メンタルによる病休、途中退職が頻発し、これまでのマネージメント手法、経験則が通用しなくなり、起こってくる事態に対処するだけの状態となっていました。

 

天職と思っていた時も、クレームや職場のストレス、コミュニケーションの不調によりメンタルになる職員は常にいたのですが、成果を発揮、価値観を共有しやすい部下を重視してしまい、周りで起こっていることを見れていなかったのが実情です。

 

縁があり、岩手県立大学の共同研究員として、政策提案を目的としてソーシャルビジネスについて研究していた折、セミナーで出会あった感情の安定化、自己の客観視とともにコミュニケーションを豊かにする「マインドフルネス」、対話を通して、職場・家庭において自立的な行動を促す「コーチング」が職場の現状を大きく変える決め手になるとの想いで、2016年に盛岡市役所の職を辞しました。

 

感情に翻弄されず、自立的に自分の人生を切り開いていくためには、これまで身に着けてきた知識・経験、ノウハウに加えて、科学で検証が進む手法、実績ある思考法、対話法を取り入れることで、より豊かな生き方ができます。その橋渡し・ブリッジ役を果たしていきます。

 

Link bridge 代表 砂子田 聡

 

略歴

2018年

・ACC(国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ)

・米国Wiley社認定DiSC®トレーナー

2017年

・マインドフルネス・ベースド・コーチキャンプ応用コース修了((社) マインドフル・リー

ーシップ・インスティチュート)

・藤田一照氏シリコンバレー法話セミナー、Google発マインドフルネスプログラム開発者チャディ・メン・タン氏との対談に同行

2016年

・盛岡市役所退職(盛岡市まちづくり研究所にて“盛岡市における社会的企業について”政策提言、納税課にて租税債権の総合的なマネージメントを実施他